美容系管理栄養士~可愛いママになる~

35歳からの産後ダイエットと時短美容について、管理栄養士の目線でお届けします!

【心構え】皆に知ってほしい!管理栄養士が勧めるダイエット法は人それぞれということ

f:id:soukenbika:20181225174654j:plain

私は今まで500人以上の方に食事指導をしてきましたが、「ダイエット方法は人によって効果が違う」ということを、たくさんの人に知って欲しいと思います。

ダイエット法は十人十色!

例えば一時期流行ったグリーンスムージー。
なんのために飲むのでしょうか?
カロリーを抑えるため?
ビタミンを摂るため?

冷え性体質の人が飲むとますます冷えて、代謝が悪くなります。
代謝が悪くなると痩せにくくなりますし、野菜と果物だけのスムージーは、栄養バランスも良くありません。

グリーンスムージーを飲んでも良い人は、夏の時期、朝ごはんを食べる習慣が無い人や、夏バテで朝ごはんを食べられない人。朝何か食べてもらいたい場合。
でも、野菜と果物だけじゃなく、ちゃんとたんぱく質も摂って欲しいから、「牛乳やヨーグルト、豆乳などを加えてくださいね」とアドバイスします。

このように、○○ダイエット、というものは人によって効果があるだけでなく、逆効果になってしまうこともあります。


f:id:soukenbika:20181225174713j:plain

楽しみながらキレイになる

せっかくの誕生日やクリスマスなどのイベントに、自分だけケーキは食べないように我慢するとか、野菜だけ食べるとか、そういう我慢はストレスになってしまって続きません。

必要な栄養を摂らないで痩せるのは、やつれるということ。
肌がボロボロ、髪もパサパサで年齢よりも上にみられたりしたらショックですよね?
子どもには「可愛いママ」「キレイなママ」って思われたいですよね!

もちろんキレイには、食事だけではなく、適度な運動と外側からの美容という努力も大切。
ぜひ、食事や運動を楽しみながらキレイになりましょう!


f:id:soukenbika:20181225174933j:plain

ダイエット=食事制限ではない

ダイエットの本来の意味とは、「健康や美容のために、食事の量や質を管理して、適正な体重にすること」です。
だから、無理な食事制限は必要ありません。

35歳を越えたら、食事制限だけでも運動だけでもない、自分に合った一生ものの食事方法を身につけていきましょう。

学んでいくとどんな食事がいいのか、食事方法がわかってくるので、家族の健康維持のためにも役立ちますよ!